データ専用SIMと音声機能付きSIMカードの違いまとめ

格安SIMには音声機能付きSIMカードと音声機能付きSIMカードの2種類あります。どちらがどのような性能があるのかまとめました。

まずSIMカードの機能の違いです。データ専用SIMはその名前の通り電話やショートメッセージが出来なくてインターネットしかできません。調べ物をする専用スマホに最適なSIMです。音声機能付きSIMカードはドコモやAUのSIMカードと同じように音声機能、電話とショートメッセージができます。普通の電話と同じようにできるのです。格安SIMをメインスマホとして使いたい人は音声機能付きSIMカードが最適です。

2つ目はショートメッセージができるかできないかです。ショートメッセージは電話番号を使ってするテキストメッセージです。なので、電話番号がないデータ専用SIMカードはショートメッセージができません。しかし、音声機能付きSIMカードはショートメッセージができます。でも、データ専用SIMカードでもショートメッセージをする方法があります。それは、ショートメッセージだけできるようにするオプションに申し込めばいいのです。そうすればデータ専用SIMでもショートメッセージが出来るようになります。

次の違いは毎月の料金の違いです。データ専用SIMより音声機能付きSIMカードのほうが毎月の料金が500円くらい高く設定されています。

データ専用SIMと音声機能付きSIMカードの違いはこのような違いがあります。もし毎月のスマホ料金を1000円以下にしたい場合はデータ専用SIMカードがオススメです。格安SIMのことについてまとめている1000円以下でスマホが持てる!では1000円以下でスマホをもつ方法を紹介しているサイトです。これから格安SIMを持とうと思っている人はぜひみてみてみるこをオススメします。

Leave a Reply